無料試し読み『嫌いでいさせて』のネタバレ&あらすじ!全2巻中1冊無料で読めて1冊は半額で読めます!

ネタバレ記事「嫌いでいさせて」アイキャッチ

漫画『嫌いでいさせて』を実際に読んだネタバレを含むあらすじや感想、みどころをまとめてみました。

『嫌いでいさせて』は、ひじきが原作者です。『ビーボーイ オメガバースコミックス』で連載されました。オメガバースの設定でも、しずくちゃんという女の子が出てきて家族のお話が出てくるので温かみのあるストーリーです。古賀雫斗と土屋葉月の恋愛もドキドキさせられっぱなしです。

『嫌いでいさせて』を読んだ事がない方は、無料で読む方法や安く読む方法があるのでこの機会に読んでみて下さい。

『嫌いでいさせて』漫画情報

『嫌いでいさせて』無料試し読み 『嫌いでいさせて』無料試し読み

 

漫画タイトル

嫌いでいさせて

作者名

ひじき

掲載雑誌

ビーボーイ オメガバースコミックス

連載終了の全巻数

2巻

連載中の既刊巻

 

『嫌いでいさせて』のネタバレ含むあらすじ

嫌いでいさせて はオメガバースのお話です。

5歳の娘、しずくを持つオメガの古賀雫斗。しずくは雫斗を強姦した相手との子供ですが、この子を守れるのは自分だけだと思い産んだ大切な子です。ある日、運命の番だというアルファ、高校2年の土屋葉月と出会います。葉月は雫斗の職場である高校の生徒でした。

改めて雫斗に告白する葉月。雫斗は葉月に抱きしめられ、ヒートの匂いが出てしまいます。しかし抑制剤が手元にない。葉月は理性を抑える為に自分の腕が流血擦る程噛みつき、耐え続けます。

無事抑制剤を貰い、事なきを得た二人。雫斗を怖がらせたことを後悔する葉月と、あの状態でも襲ってこなかった葉月への想いや信頼感が芽生える雫斗。それぞれ相手を想いながら果ててしまいます。

後日、3人でいるところに自称葉月の運命の番という女子、結衣が現れました。結衣は小学生の頃、オメガであることにより苛められていた時に葉月が庇った相手。周りの嫌味に幻滅し、アルファを隠すようになったきっかけでした。

好意を寄せる結衣に対し、アルファの事実から逃げてきた自分と向き合い、アルファとして雫斗を守っていきたいことを伝えます。しかし結衣は自分の方が葉月を幸せにできると言い、雫斗を脅しました。

後日、葉月から「雫斗を噛ませて欲しい」と告白されますが、結衣の事を思い出し、心の中で謝りながら拒絶します。初めから番はいらなかったのだから大丈夫。せめて嫌いでいたかった――涙を流しながら自分に言い聞かせる雫斗。そして言ってしまったことを後悔する葉月。

そんな葉月に、番が出来ればヒートが治ることを知ったしずくが現れます。雫斗はいつも大丈夫ではないのに大丈夫だと嘘をつく。助けて欲しい、と。しずくの想いを受け取った葉月は雫斗の元へ。

葉月の事を考えると匂いがきつくなる。それはもう好きってことじゃない?二人きりになり改めて「番にして」と伝える香月。愛おしそうに抱きしめ合い、初めてのエッチへ…。

2巻

晴れて番となった二人。息子の湊にも恵まれ、幸せな日々を過ごしていました。ところがそこへかつて雫斗を強姦した相手、村雨が現れます。子供達に被害が及ぶかもしれない…子供達を守る為に村雨とのことに決着をつける覚悟を決める雫斗。

なんでも一人で解決しようとする雫斗に対し怒りを露にする葉月。番が困っている時に何も出来ないことが辛い。自分が雫斗を嫌いになる事は絶対ない、と強く抱きしめます。それでも一人でけじめをつけたいと言う雫斗。

村雨の会社に行き、「二度と俺の家族に近づくな卑怯者!!」と自分の気持ちをぶちまける雫斗と「そんなに餓鬼が欲しいならまた犯してやる」と応戦する村雨。部屋の外には葉月と村雨の父親がいるのも知らずに…。

葉月もまた、村雨の賄賂問題やパワハラを提示し追い詰めます。殴りかかってくる村雨に対し、「この手は守る為、抱きしめる為にある」といい応戦しません。怒りに満ちた表情で雫斗の眼中に入るな、と。最後、正当防衛だからと一発だけ殴り、その場を後にします。

帰宅後、心配する雫斗に対し、指輪を差し出しながら「結婚してください」とプロポーズ。ずっとずっと幸せでありますように…

           まんが王国はポイント購入&使用で最大50%還元でお得!

こみ

まんが王国は会員になると無料で読める漫画の数が増えますよ♪

『嫌いでいさせて』の見どころ

子供を大切に想い幸せを守ろうとする雫斗と、雫斗を大切に想い、オメガの誘惑に理性を抑える葉月の姿が印象的です。雫斗を怖がらせない、と心に決めている姿…自分の腕を流血させても耐える姿…執着心と殺気だっている表情にぞくぞくします。

1、2巻通して一番の見どころは、2巻の村雨と決着をつけるシーン。きっと雫斗一人では出来なかったことを、子供達と葉月から勇気を貰いやり遂げた…1巻で葉月から逃げ回っていた雫斗からは想像もつかないくらい、強くなっていると思いました。勿論、葉月と葉月ママの裏サポートも大きい!

そしてしずくがこんないい子いるのか!と思うくらいいい子で可愛い!!小さい体でママを守ろうとする健気な姿に涙涙…。プロポーズシーンでは、パパになってもいいか聞く葉月に対し「はーくんは…ずっとしずくと湊のパパだったよ…」なんて…!!どんなことがあってもブレない葉月の気持ちや態度をずっと見ていた証拠なのかなと思いました。

そしてママ二人、同僚、ママ友まで理解がありいい人ばかり!葉月ママとのエピソードも素敵です。読んでいて心が温かくなりました。

『嫌いでいさせて』を実際読んだ感想

辛い過去を持つ雫斗ですが、過去も現在も全てひっくるめて受け止め、愛してくれる葉月と出会えて本当に良かったです。想いが通じ合った二人の満ち足りた幸せそうな表情も素敵!

雫斗の強さと優しさ、葉月の雫斗を想う気持ちに溢れていて、切ない場面もハラハラする場面もエッチも萌えも…盛り沢山の作品です。また、BLなのに家族愛を感じられる!子供達の幸せを想う雫斗に親としての強さを感じました。守るものがいると強くなれるんだなと…。

プロポーズをかしこまったところではなく、家の玄関。家族全員に向けて伝えるところも、雫斗だけでなくしずく、湊を大切に想う葉月の気持ちが溢れているように感じました。

1巻の描きおろしでは妊娠がわかり、産婦人科へ向かうお話が描かれています。最初は不安そうに一人で向かう姿。そして最後は、お姉ちゃんになる喜びに溢れたしずくと、雫斗を励ましながら性別を聞く葉月。恥ずかしがる雫斗の姿に、ほっこりします。

オメガバースなのにすぐエッチシーンにならないのも新鮮。オメガバース初心者の方でも読みやすいと思います。

『嫌いでいさせて』を無料で読めるサービス

無料お試し期間のあるサービスを利用すると会員登録時にもらえるポイントで漫画が読めます!

配信サービス U-NEXT FOD music.jp
無料で読める数 0巻 1巻  
無料で読める数

合計1巻が無料で読めます!

こみ

無料トライアル期間に獲得するポイントと漫画の値段で巻数で計算しています。中には『話』の扱いがあるサイトもあります。

配信サービス U-NEXT FOD music.jp
登録時付与ポイント 600pt 最大900pt 1600pt(動画1000+書籍600)
無料期間 31日間無料 2週間無料 30日間無料
月額料金 2,189円(税込) 976円(税込)

月額550円(税込)
月額1,100円(税込)
月額1,958円(税込)

正会員ポイント付与(月) 1200pt 1300pt

550pt
1100pt
1958pt

購入時ポイント還元 翌月40%還元(キャリア決済&コイン20%) 購入時20%還元 購入時10%還元
ノンちゃん

『嫌いでいさせて』は全2巻だから残り1冊は安く買える電子書籍サービスの利用がおすすめ!

『嫌いでいさせて』を安く読めるサービス

入会時特典などを利用すると、安く漫画を購入することができます。

  配信 書籍価格

初回登録時特典

還元率
U-NEXT 取り扱いアリ 724円 600pt付与 翌月40%還元
FOD 取り扱いアリ 659pt 最大1300pt付与 購入時20%還元
music.jp 取り扱いナシ   1958pt+動画500pt=2458pt付与 購入時10%還元
ebookjapan 取り扱いアリ 757円 初回ログイン50%オフクーポン(6回分500円上限) 通常1%(最大20%)
まんが王国 取り扱いアリ 659pt なし 金額により5~20%
Renta! 取り扱いアリ 無期限レンタル659pt なし 1~3%還元
Booklive 取り扱いアリ 724円 新規会員登録で50%オフ Tポイント還元
ブッコミ 取り扱いアリ

巻724pt

話44pt

月額コース初月無料(2か月契約)

還元率はコースにより異なる

都度購入あり

BOOK☆WALKER 取り扱いアリ 725円(2巻758円) 初回購入半額(上限なし) コインで還元(5%~)
ひかりTVブック 取り扱いアリ 757円 新規会員登録で50%オフ(上限なし) 100円1ポイント還元
honto 取り扱いアリ 725円(2巻758円) 会員登録で対象電子書籍30%オフ 100円1ポイント還元
Sony Readers Store 取り扱いアリ 725円(2巻758円) 会員登録で90%オフ(最大500円) 最大3%

こみ

うまくサービスを組み合わせるとかなりお得に読めるよ♪通常購入ならポイント40%還元のU-NEXTがお得!

sponsored ads

BL漫画

Posted by こみ