『キスで起こして。』りぼん21話最新刊のネタバレ&あらすじ!モヤモヤしちゃう!!蛍の気持ちは本当に昔のことなの・・・?

キスで起こして最新話、21話、ネタバレ

少女漫画『キスで起こして。』最新刊21話をりぼん2022年2月号で実際に読んだネタバレを含むあらすじや感想、みどころをご紹介しています。

『キスで起こして。』は春田なな著者、『りぼん』で連載されています。蛍が昔、冬眞のことが好きだったという話を偶然聞いてしまった絵南の心はモヤモヤするばかり。一方蛍は本当に今は好きでもないはずなのに、冬馬の優しさにどうしても嬉しくなってしまい・・・。

まだ最新刊を読んでいない方はぜひ試し読みをしてみてください!『りぼん』を無料で読む方法や安く読む方法を要チェック!

\初回限定1000pt+毎月2000pt

合計3000円分のポイントで漫画が読める

『キスで起こして。』漫画情報

\の最新話を読むならりぼん/

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

\ebookjapanで1巻が無料で読める/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

漫画タイトル

キスで起こして。

作者名

春田なな

掲載雑誌

りぼん

連載終了の全巻数

 

連載中の既刊巻

単行本4巻 ※2022年1月8日現在

新規会員登録時にもらえるポイントで無料で読める/

1350ptもらえる

『キスで起こして。』21話最新刊のネタバレ含むあらすじ

とある日、希咲が噂の彼氏とデートをする日に同行することになった絵南と冬眞。保護者役とわかってはいても楽しみで仕方がない絵南ですが、冬眞は完全に保護者モード満載です。

あまりにも大人っぽい態度を見せる健人に大人気なく対抗する冬眞に希咲の機嫌も悪くなる一方。悪い空気を一変しようと気をきかせた絵南が、サッカークラブに入っている健人と冬眞で的当てゲームに挑戦させることに。大人気ないとわかっていても負けたくない冬眞がもちろん勝利。

希咲が健人の顔色を伺うと、なんと冬眞の凄さに感動して興奮を隠しきれていません。さきほどとは打って変わって子供っぽさを見せる健人に、冬眞も少しは認めた表情を浮かべていました。帰り際、自分は一人っ子だから家では基本一人だと今日がどれほど楽しかったかを伝える健人に、冬眞はまた遊ぼうな!と大きな声で叫んだのです。

家に向かう電車のなかでは疲れ切って眠ってしまった希咲の隣で、冬眞が突然絵南の手を握ります。慌てふためく絵南の様子に、こんな感じを期待していたんだろ?と意地悪く笑う冬眞なのでした。

新規会員登録時にもらえるポイントで無料で読める/

1350ptもらえる

こみ

コミックjpの新規会員登録にもらえる1350ptはお得すぎる!もらえるポイントで1350円分読めますよ!

『キスで起こして。』21話最新刊を実際読んだ感想

希咲ちゃん小学生でしょーーーーー!!!マジか。彼氏いるとは言ってたけど、まさか本当にいるとは・・・。そして結構スパダリな健人くん。大人びた彼の行動一つ一つが気になって仕方がない冬眞は果たしてどっちが子供?と問いたくなるほど大人げなかったですね。

一人っ子って言ってたから今日という日がどれだけ楽しかったんだろうと思うほどめっちゃはしゃいでました。希咲ちゃんが冬眞にヤキモチ妬くほど二人が楽しそうにしてて兄弟のようでした!その一方で一人っ子ならではの孤独を抱えているようで、帰り際の健人くんが寂しそうなのを冬眞が察知したんですよね。

そんな姿見てると普段はのほほぉ〜んと何にも興味なさそうにしてるのに、蛍のことといい誰も気づかないようなところに気づくのが彼の良さなんだろうなとつくづく感心しました。

今回のストーリーは絵南と冬眞じゃなかったけども、ちょっと分かりづらいキャラクターの一人である冬眞のことがよく知れた回ではあったかなと思います。次回からは少しずつ二人の絡みも増えてきてくれると嬉しいですよね。あと日翔の人間性も暴いていきたいところです!

『キスで起こして。』次回巻への展開予想&期待

冬眞が意外にも健全な今どきの男子高校生であることはちょっとずつ明らかになってきているわけですが、今回二人は休息したのでそろそろ先へ進んでくれていいと思うわけです。エロに走れ!とまでは言いませんが、まぁもうちょっと接触回数を増やしてほしいですね。

蛍の一件が解決してから(冬眞は何も知らない)特に進展もなく、今回は希咲ちゃんの彼ピが主役だったので次回出番ですよ!!

また気になるのは日翔という男です。彼謎!わたし個人としては一番謎な人物です。ヘラヘラしてるけど何か誰にも明かせない暗い塊を内に秘めていて、なんだかんだで一番周りを見ていて異変に気づくタイプではないかと。彼の肩の荷も下ろしてあげて、心の底から笑ってほしいと切に願います。

sponsored ads