SONY Reader Store の解約方法!アカウント削除の退会との違いとは?

Sony Readers Store 解約方法

この記事では「Sony Reader Storeの解約方法」について、アカウント削除の退会との違いも踏まえて解説したいと思います。

Sony Reader Storeでは「My Sony ID」以外のアカウント(Googleアカウント)などを利用している方もいますよね?

そうすると、他のサービスと違って解約するにはアカウントそのものを消さなきゃいけないのかと不安な方もいるはず!

この記事を読んでいただければ、Reader Storeの解約への疑問点はきっと解消されますよ。

Sony Readers Storeの退会と解約は何が違う?

まずReader Storeにサインインするときは、現在お持ちのアカウントを利用されていると思います。

そのため長い間Reader Storeを利用しなくてもサインアウトしておけば、もともと無料のサービスなので特に問題はありません。

もう二度と使うことはない、と断言される方のみ退会・解約を行われることをおすすめします。

具体的な手順の前に、解約と退会がそもそもどういう状態を表すのかについて説明しますね。

Sony Reader Storeの解約とは

ここで説明する「解約」は、「Reader Storeにアカウントの停止を行ってもらうことで、そのアカウントでReader Storeだけが利用できなくなること」を意味します。

つまりReader Store外部ではそのアカウントは使用することが可能です。

Sony Reader Storeの退会とは

次にここでの「退会」は、「Reader Storeの登録に使用したアカウントを削除し、そのアカウントに関連する全てのサービスの利用をできなくすること」の意です。

こちらのやり方ですと、Reader Store以外でもそのアカウントを使うことができなくなります。

以上の点を踏まえた上で次のステップに移って下さい。

Sony Reader Storeの解約方法

具体的な解約の手順について説明していきます。

今回はPCからの場合を紹介しますが、スマホからの場合も大きく変わらないです。

1.Sony Reader Storeの「問い合わせフォーム」に行く。

そのまま「Reader Store 問い合わせフォーム」と検索すれば見つかると思います。

Reader Store解約方法

問い合わせ内容は「アカウントの停止を希望」などと入力して下さい。

上記に加えて、ページ少し下部にある利用環境(利用機器)を入力したらページ下部の「記入内容を確認する」をクリック。

2.次のページに移動するので記入内容を確認し、問題なければページ下部の「この内容で送信する」をクリック。

Reader Store解約方法

これにより入力したメールアドレス宛にアカウント停止に関連する内容のメールが届きます。

これだけで解約の手続きは完了です。お疲れさまでした!

ちゃんとできたか不安な方は、停止したアカウントでサインインを試みて下さい。

できなければ成功しています。

ちなみに一度停止させたアカウントを、再度利用できるよう復活させることはできませんので注意!

解約でなく退会の手順を取られる場合は、Reader Storeに登録する際、専用の「My Sony ID」を作成していれば削除しても実質ノーダメージで済みます。

My Sony IDの削除方法については、以下のページの「My Sony IDの登録について」の項をご覧ください。

https://www.sony.jp/msc/faq/

まとめ

今回は「Sony Reader Store」の解約方法について、アカウント削除の退会との違いも踏まえながら説明しました。他の電子書籍サービスと比べて、複雑な操作は必要ないので簡単です。

解約や退会手続きをしなくても、使用しなければログアウトしておけばよいので、よほどサービスに不満があり、もう二度と使わない予定でないならば、特にSony Readers Storeの解約や退会の手続きは必要ではないかと思います。月額サービスではないため、勝手に引き落としされる心配はないですよ。

sponsored ads